アトピーの症状と原因

アトピー(アトピー性皮膚炎)は近年増加している現代病です。赤ちゃんや乳幼児・子供のアトピーも問題になっていますが、アトピーの症状や治療法について正しい知識をお持ちですか。アトピーの専門医や皮膚科・もしくはこのサイトを利用しアトピーに関しての正しい知識を身に付けてください。
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
-
アトピー性皮膚炎の原因と症状
アトピー性皮膚炎の症状は、かゆみと湿疹。アトピーの湿疹は、左右対称に出るのが特徴である。 アトピー性皮膚炎はドライスキン(乾燥皮膚)の上に湿疹が起こるのが特徴で、このドライスキンは、角質(皮膚の一番表面)の中にある「セラミド」(水分保持をしています)が少ないタイプの肌。アトピー性皮膚炎にかかると「セラミド」が減少し、発症や悪化の因子となる。また、かゆみが激しく、慢性的であることも大きな特徴のひとつ。 また、アトピーは年代によって症状の部位が異なる。乳児期に顔面を中心に病変がある。幼児期になると、次第に体や手足の方が目立つようになる。幼児期以降では、皮膚が擦れ合う部分や首の周り、ヒジ・ヒザなどの関節の屈曲面が特に強い症状が現れる。
また、夏には症状が軽くなり、冬に悪化するケースも多く見られる。

◇アトピー性皮膚炎の症状→かゆみと湿疹
・一日中同じところをかき、血が出るくらいの勢いで掻くようになる。
・額、目・口のまわり、耳、首、手足の関節部分に症状が現れやすい。
・手足の間接部分に症状が出やすい
・カサカサ、ゴワゴワ、ジュクジュクと表現される様な皮膚の状態

■「アトピー性皮膚炎」の診断基準
厚生労働省や日本皮膚科学会が作成した治療ガイドラインによって、アトピー性皮膚炎の
診断基準が決められている。下記の3項目に該当する場合、症状の軽い重いにかかわらず、アトピー性皮膚炎と診断される。

◇かゆみがある

◇湿疹と症状の現れる部位に特徴がある
 アトピー性皮膚炎の湿疹は、左右対称に現れるのが特徴。また、年代によって、症状の現れる部位が異なります。
・乳 児:主に顔や頭、ひどくなると、胸や背中、手足にも広がることがある。
・子ども:首の周りや、ひじの内側やひざの裏側など、関節の内側にできることが多い。
・成 人:顔や首、胸や背中など、手でかきやすい部位に、症状の重い湿疹が多い。

◇湿疹が慢性化している
湿疹が慢性化し、よくなったり悪くなったり繰り返す。乳児では2ヵ月以上、子どもや大人では6ヵ月以上が目安。
アトピーの原因・症状
アレルギーの原因
アレルギーとは免疫反応が自分の体に不利に働いてしまう病気である。人間の体には、異物であるもの(抗原またはアレルゲン)が体内に入った時、それに対抗する物質(抗体)を作り、抗原を排除するシステムが存在している。このシステムの反応を抗原抗体反応とか免疫反応(アレルギー反応)という。これらの反応は、抗原に対して適切に機能すれば、「生体防御」ですが、しかし、過剰に反応し、生体防御の範囲を「逸脱」した場合にアレルギーとなり過剰な反応を示す。

多くのの人が異常な反応を示さない物質に対して、アレルギー体質の人は過剰に異常な症状や反応を示す特別な体質である。
アレルギーをその症状・機構によってI〜IV型の4つの型に分類されます。せまい意味での「アレルギー」という場合、多くはI 型のアレルギー反応を指す。I 型アレルギーは即時型で、抗原が作用して15分〜12時間ぐらいの短時間で反応が起きる。食物アレルギーは、このI 型アレルギーの反応で、初めのアレルゲンの侵入によって多量に作り出されたIgE抗体が、再度のアレルゲン侵入時に反応し、その結果マスト細胞から化学伝達物質が放出されることで発症する。このように、食物アレルギーは、事前に産生されたアレルゲンに反応するIgE抗体が、アレルゲンと抗原抗体反応を生じることで出現する。現在アレルギーといえが、食物、金属、鼻炎、アトピー(アトピー性皮膚炎)、紫斑病、ダニ、
職業性、カビ、犬や猫などの動物、ラテックス、結膜炎、喘息など多くのアレルギーがある。
単に食物アレルギー一つとっても、卵、そば、小麦、牛乳など多種にわたる。厚生労働省が行った「保健福祉動向調査」によると、何らかのアレルギー症状を発症しているのは、約3人に1人という結果が出ている。
東京都内では80%を超える家庭で、アレルギー症状のある人が家族にいるという答えもある。
しかもさらに「まだ発症していないがアレルギー体質の人」もいるとすると現代では、
日本人の過半数がアレルギー体質になっているとも考えられる。「自分はアレルギー
体質だとは思っていなかった」ような人たちが次々と発症し、花粉症・アトピーなどは、
右肩上がりに増え続けている。
かつては「アレルギー体質」は主に「遺伝」の側面から考えられていたが、しかしあまりに急増で、それでは説明がつかない状況となっている。そこで特に戦後数十年の間に日本に起こった生活習慣や環境によって、体質そのものが変化し始めていると指摘されている。
具体的には、食生活、住宅、公害、ストレスなど。しかし現段階では、明確な原因は
解明されていない。

◇現代日本の主な三大アレルギー
・花粉症
・アトピー(アトピー性皮膚炎)
・気管支喘息

アレルギーで心配なのは「体質だから仕方ない」と治療を諦めてしまう人が多いが、アレルギーという病気は新たな症状に進行することがあるという事があるので、根気強く治療を続けることが大切である。
アレルギー
アトピー悪化の原因
◇夏には、体温上昇や汗の刺激によるアトピー性皮膚炎の悪化が見られる。
肌を清潔に保つために、シャワーなどで汗や汚れを流すように心がけることが大切。

◇冬場には、空気の乾燥によるアトピー性皮膚炎の悪化が見られる。
ドライスキン(アトピーの方の乾燥肌)は、アトピーの方に見られる特徴。空気の乾燥から、肌を守ることが重要です。

◇近年、スギ花粉の飛散の時期に、アトピー性皮膚炎の症状が悪化する方が増加している。
肌のバリア機能が落ちた部位に、アレルゲンとなる花粉が付着するために起こると考えられている。空気清浄機などの利用や、帰宅後、玄関先などで洋服などを叩き、室内に花粉を入れない工夫も必要。

◇自律神経が乱れる季節の変わり目にもアトピーは要注意。
毎年、アトピー症状が悪化す時期の記録をとり、生活に気をつけることが必要。

アトピーの原因

このページの先頭へ